油を食べて痩せるダイエット方法

油を食べるダイエットとは

 

実は油はほとんど脂肪にはなりません。

 

優先的に脂肪になるのは糖質だからです。

 

今回は糖質が脂肪になるメカニズムと、油はなぜ脂肪になりにくいのかを書いて行きたいと思います。

 

油が太りにくい理由

 

  • 油は体に入ると脂肪酸と言う栄養素に分解され体内のいたるところで使われます。
と言うのも体の全ての細胞にある細胞膜は油から作られる脂肪酸から出来ているからなんです。

全ての細胞と言われてもピンとこないと思うので、おおよそ人体には37兆2000億個の細胞があると言われています。
兆まで行くとは驚きですよね。
この数を見てもわかる通り、一個一個の細胞膜に脂肪酸が使われているので、油が使われずに余るなんてことはほとんどありません。

 

飲むほど食べていたらわかりませんが、少し食べ過ぎたかな程度ではほとんど脂肪にはなりません。

 

その他にもホルモンなども細胞酸から作られます。

 

  • さらに、毎日細胞は3000憶個くらいは生まれ変わっていますので、むしろその細胞達に毎日良質な油を届けてあげなければ、体は当たり前のごとく体調不良を起こします。

肌荒れや乾燥肌などは多い症状です。

 

なので油のとり方次第では弱い体にもなるし、強い体にもなるという事になります。
このことから油は不足しないようにとる必要があると言えるのです。

 

糖質が脂肪になりやすい理由

 

それは糖質がどこで使われているのか知れば簡単にわかります。

 

糖質を使う体の器官は、大まかですが主に脳と筋肉です。

 

脳は大食漢なので結構カロリーを消費しますが、筋肉は動いていない時はほとんど糖質を使っていません。
なので、余った糖質はどうなるかというと、脂肪に蓄えられます。

 

  • 糖だけは余った場合脂肪として蓄えられる仕組みになっているのです。

油の場合は余れば体外に便と一緒に排出されます。

 

  • 余った糖は肝臓の脂肪細胞や皮下脂肪などの「脂肪細胞」に蓄えられます。

脂肪細胞なんて名前のせいで、油が変化したものと思われがちですが、実はこの脂肪細胞は油ではなく糖質が変化してできたものなのです。
この脂肪細胞は栄養が無くなった時の予備のバッテリーのような役割をします。
例えば運動をしていて、体内に使える糖質が無くなると脂肪細胞からエネルギーを取り出して使うという感じです。

 

しかも、この脂肪細胞は初めは小さいですが、どんどん膨らんで糖質が入りきらないと、細胞分裂して増えていきます。

 

なので、糖質は消費出来る分だけ食べる事が必要なんですね。

ではどのくらいの量食べるべきなのか?

 

糖質の正しい摂取量

 

これは人により細かい数字は分かれるのですが、白米にすると毎食おおよそ120g〜150gていど、自分のコブシ大くらいだと思えばよいでしょう。

 

このくらいの量にご飯などの炭水化物を控えて、さらに油も良質なものをちゃんととるように心がけると、痩せやすい体になっていきます。
(油は、一日の必要エネルギーが2000キロカロリーの場合は、約55g程度の油を目安にとるといいでしょう)

 

最後に…

 

いかがでしたでしょうか?
油を避けていた方も、油の大切さをわかってもらえたとおもいます。

 

とは言え、いきなり良質な油を毎日とれと言われても、難しいと思います。

 

ここからは私の体験談ですが

 

私も前までは油を避けていた人間の1人でした。

  • その時たまたま読んだ記事に、油不足が原因で肌荒れや乾燥肌になる。と言うようなことが書いてあり、他にも良質な油をとったら肌荒れや乾燥肌が改善したなど良い事が書いてありました。

しかし疑い深い私は素直に信じることができませんでした。

 

でも騙されたと思って、何よりお肌の調子が良くなるならと考えて、油をとり入れる事にしました。

 

オメガ3などの油が良いとわかっていたので、まず初めに亜麻仁油などのオイルを買ってサラダなどにかけていましたが、苦いような風味が私には合わず、しかもサラダに油をかけていることや、サラダを毎日作らなければいけない事など、毎日続けるのが面倒になってしまいこれではいけないと手軽にとれる方法を考え、サプリを利用することにしました。

 

良くならなければやめればいいやという軽い気持ちでした。

 

  • サプリを飲み始めてまず2週間で便秘が少しずつ改善しました。
便秘は、今までかなり力まなければ出なかったのが、少し力んだだけでするっと出るようになりました。
  • その後便秘解消に少し遅れて、乾燥肌や肌荒れが少しずつよくなりました。

なぜ効果があったかと言うと、油には便をするっと出してくれる作用があるみたいで、さらに良質な油はお肌の細胞膜を構成していて必要な成分なので、この良い油をとることで肌トラブルが改善したんだとおもいます。

 

市販の亜麻仁油などでも手軽にオメガ3はとれますが、実は使いどころが難しく習慣がないため毎日は中々取れ無いのが現実で3日坊主になりがちなので、毎日続けてとるなら断然サプリがオススメです。

 

私が愛用しているサプリはこれです。

 

【オメガ3クリルS】

今話題のクリルオイルというもので、普通のオメガ3よりも吸収されやすくて、さらに「脂を溶かす性質」を持つので体内の脂質を減少させる効果が報告されています
このクリルオイルなら、良質な油のオメガ3をとりながら、しかも脂肪の分解まで助けてくれる一石二鳥のサプリなのでオススメです。
さらに製薬会社が作っているので、安全性や鮮度は間違いないです。